カードローンのホントのトコロ

お金を借りる前に一番知りたい借金のコト

お金を借りる前に一番知りたいカードローンのホントのトコロ > 毎月の返済額が低い(少ない)カードローンはどうやって選ぶ?

毎月の返済に困らないために返済額が小さいカードローンを選ぶには?

20130314131801-10.jpgarrow_orange.gif毎月の返済額が少ないおすすめのカードローンランキング

はじめてお金を借りるときに特に気になるのが毎月の返済額。はじめて借りる方向けのおすすめカードローンで解説していますが、毎月の返済額を把握することはとても大切です。なぜなら返済できなくなる、すなわち破産です。最悪の場合、債務整理を弁護士や司法書士にお願いすることになったり、自己破産という可能性もでてきます。

ですので、 毎月の返済額は小さいほど良いわけですが、それでも元金が減るスピードが遅いのでできるだけ元金も返しつつ毎月の返済額も小さく抑えて計画的に返済することが大切になってきます。

ここで確認するべきポイントとしては毎月の返済額がどの程度になるか実際に借りる前に確認してみることが重要になってきます。もちろん、カードローン会社に直接相談するということもできるでしょうが、カードローンを選ぶにあたって毎月の返済額を小さくできる方法もあるのでそれを紹介したいと思います。

以下より、毎月の返済額を小さく抑えるための方法、カードローンの選び方について解説します。

毎月の返済額を小さく・低く抑えるには

金利、無利息サービス、返済期間がポイント

同じ金額の融資を受けたとして、カードローン会社で毎月の返済額が変わってくるポイントは金利と無利息サービスの利用によるところが大きくなります。また、カードローン会社どこでも変わりませんが、返済期間についても長く設定すれば返済額が小さくなります。ただし、返済期間については長くなりすぎると元金がなかなか減っていかないので注意が必要です。

下記に3つのポイントについて解説します。

金利が低いほうが毎月の返済は楽になる

例をあげて解説します。50万円程度を2年で返済する例です。

例1
銀行系カードローン
金利(借入利率)
14.6%
返済期間
2年間(24ヶ月)
毎月の返済額
24,148円
例2
プロミス、アコムなど
金利(借入利率)
17.8%
返済期間
2年間(24ヶ月)
毎月の返済額
24,913円

accept.png上記は各カードローンで上限金利としています。それでも会社毎に金利については開きがあります。当たり前ですが、金利が低いほうが利息が少なくてすみますので、利息が小さい分返済が楽になります。2年間で返済する例をあげましたが、例1と例2で毎月の差額がおよそ750円。2年間で18,000円の差が出てきます。借りやすい仮ににくいの差や環境の違いがありますが、できれば金利が低いカードローンを選びたいですね。

無利息サービスを利用すると利息がかなりお得

金利が発生しない無利息を適用したときと適用しないときの例です。先ほど同様、50万円を1ヶ月間無利息となったときにお得になる金額例です。

例3
プロミスなど
金利(借入利率)
17.8%
無利息適用期間
1ヶ月(30日間)
お得になる額
7,315円

accept.png50万円ほどの金額になると1ヶ月でかかる金利は大きいので1ヶ月でも7千円以上の利息が発生します。これを無利息サービスを利用することで金利がかからず利息が発生しませんのでその分お得になるというわけです。長期の借入になると無利息がたとえ1ヶ月あったとしてもそれほど変わらないので、無理やり期間を伸ばすのではなく返せる範囲で返済期間をできるだけ短くしたほうが利息も積重らないのでお得ですね。

返済期間が短いほど利息が小さく返済額が大きくなる

50万円程度を2年で返済、3年で返済する例です。

例4
プロミス、アコムなど
金利(借入利率)
17.8%
返済期間
2年間(24ヶ月)
毎月の返済額
24,148円
総支払額
597,923円
例5
プロミス、アコムなど
金利(借入利率)
17.8%
返済期間
3年間(36ヶ月)
毎月の返済額
18,026円
総支払額
648,918円

accept.png50万円ほどの金額になると返済期間で大きな差が出てきます。毎月の支払額を小さくしたいということなら返済期間を長めに設定する必要があります。ただし、この場合だと総支払額も大きくなります。一方で、毎月の返済額は大きくても良い、総支払額を小さくしたいなら返済期間を短く設定する必要があります。上記の例では1年間の返済期間の違いで総支払額は5万円ほどの差になりました。ただ、1ヶ月毎の返済額は6千円とそこそこ大きな差となっています。どちらもメリット・デメリットがあるので計画的に返済できる範囲で返済期間を設定するのが良いと思います。

お得な返済の考え方

私が良いと考えている返済の仕方についてお伝えしたいと思います。最終的には金融機関でも確認しておいてください。 当初は余裕を持った月額の返済額を設定しておき、余裕が出たタイミングで何度か繰り上げ返済をすることで総支払額または返済期間を減らしていく。 ということです。

こうすれば万が一の返済に困ったときは余裕を持った返済額なのでなんとかなりやすい、余裕が出たら繰り上げ返済をして総支払額を減らすか返済期間を減らす。この考えは住宅ローンでローン返済するときと同じような考えですね。基本は計画的に返していき、様々なタイミングでお得になる策を講じるというわけです。


以下は毎月の返済額を少なくできるおすすめのカードローンです。基本的には低金利なカードローンや無利息が可能なカードローンが主体となっています。

毎月の返済額が少なくて済むおすすめのカードローンランキング

余裕を持って返済したい、毎月の返済額は小さいほうが良いという方におすすめのカードローンをランキング形式で紹介します。

第1位オリックス銀行カードローン

point.png金利が他社より良いです。実質年率の下限金利及び上限金利が低いので毎月の返済額が少なくてすみます。

こういう方におすすめです
収入証明書は融資額300万円までは”提出不要”
業界最低水準クラスの月々7,000円からの返済が可能
実質年率
3.0%~17.8%
融資限度額
1~800万円
審査期間
最短即日回答

第2位プロミス

point.png30日間無利息サービスがあるので実質利息が少なくてすみますのでお得に借りられます。※プロミスポイントサービスに申し込まれた方が対象で最大30日間の無利息となります。

こういう方におすすめです
融資残高・口座数ともに業界No.1を争う大規模組織
最大30日間無利息・金利ゼロ

※プロミスポイントサービスに申し込まれた方が対象で最大30日間の無利息となります。

実質年率
4.5%~17.8%
融資限度額
1~500万円
審査期間
最短30分で回答

第3位オリックス銀行カードローン

point.png融資額が大きい方はオリックス銀行カードローンがおすすめ。W下限金利が3.0%とかなり低いので利息の支払いが少なく返済もその分他社に比べて少なくてすみます。

こういう方におすすめです
収入証明書は融資額300万円までは”提出不要”
業界最低水準クラスの月々7,000円からの返済が可能
実質年率
3.0%~17.8%
融資限度額
1~800万円
審査期間
最短即日回答

カードローンおすすめランキング

カードローン一覧

  • カードローン比較表
  • プロミス
  • アコム
  • モビット
  • オリックス銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン